歯医者さんの中には歯科助手のみの場合も?

歯医者さんには一般歯科や矯正歯科、審美歯科など色々な診療科を持つ病院がありますが、歯の健康と口腔ケアを行う専門家の事を歯科衛生士と呼んでいます。歯科衛生士の大半は女性かと思われますが、院内には数名の女性スタッフが働いています。女性スタッフであれば歯科衛生士などのイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は国家資格を持つ専門家で、いわゆる医療行為を行う事が許されている人です。医療器具を使って口腔ケアを行えるのも資格を持っているからで、歯医者さんの中で医療行為を行えるのは歯科医師および歯科衛生士だけです。また、院内で働いている女性スタッフの中には資格を持たない歯科助手と呼ぶ人も多く、受付業務や治療時の歯科医師の助手を行うなどの仕事をしています。ちなみに、歯科衛生士は不足していると言われており、歯医者さんの中には歯科助手だけで、歯科衛生士が在籍していないケースもあるそうです。

歯科衛生士の仕事は大きく分けると3つ!

歯科衛生士は医療行為を行う有資格者ですが、歯科医のような治療を行うのではなく、患者さんへの歯科保健指導、歯科診療補助、そして歯科予防処置の3つが基本になっています。虫歯治療を行うのは歯科医で、治療がある程度終わると歯石を除去して貰ったり、詰め物の交換を行って貰ったりする事があります。これは歯科医ではなく専門知識を持つ歯科衛生士が手掛けています。仮に、有資格者がいない場合には歯科医が自ら同じような仕事をしなければならない、とても忙しい病院になってしまいます。資格を持つスタッフが在籍する事は役割分担が出来るわけです。

歯科衛生士の転職を成功させたいなら、家庭の事情を考慮することがポイントです。長時間勤務が難しい場合には、非正規の求人を探す方法がおすすめです。