非常勤という形で業務につくお医者さんのメリット

お医者さんのワークスタイルは、勤務スタイルによって常勤及び非常勤の2つに別れます。常勤と言いますのは、クリニックで確約されているお医者さんの勤務する時間について、全ての時間業務につくケースを意味します。オーソドックスな職業でいうと、正規雇用社員と言えるでしょう。それに対し非常勤につきましては、一週間に2日だけなど一定期間ごとの出勤時間だったり、健康診断、あるいは当直といった割り振られた日のみ業務につくワークスタイルです。こうした非常勤のワークスタイルには、アドバンテージもあればウィークポイントもあります。まず第一に非常勤で勤めるお医者さんのメリットは、あらかじめ割り当てられた日時だけ勤めれば良いので、家の事や子育てなどのプライベートとかけもちしやすいことです。家の事情があるケースは勿論のこと、その他に頑張ってみたいことがあるお医者さんにとって、効果的なワークスタイルと言えます。

非常勤のお医者さんのウィークポイント

非常勤のお医者さんのウィークポイントは、福利厚生、あるいは社会保険の対象外と化すことが数多いことです。勤務スタイルによりましては該当となることもあり得ますが、その際は常勤にとても近いワークスタイルの可能性があります。それに加えて、非常勤についてはクリニックに勤務する日数が多くないことから、他のお医者さんと協働がしにくいというウィークポイントもあります。その結果きちんとお医者さんの仕事を成し遂るためには、自発的に意思の疎通をはかることが大事になります。

医師の募集はたくさんあります。その中で自分に合った条件(勤務地・収入・雇用形態・時間・分野など)を探すことが肝心です。