経験者が有利で時給は高めです

すべての会社がそういうわけではないですが、あえて言うなら経験済みの人が優遇される場合が多いです。やはり秘書業務はキャリアが浅いと円滑に仕事ができません。加えて、実務関係は正規雇用社員の場合とほとんどかわらないことを任されることから、派遣だとしても、能力、あるいは成果などが劣っていい訳ではないです。だから、派遣でも秘書を行なう場合には今までの経験がアピールできないと企業と契約してもらえないこともあり得ます。加えて、派遣という立場で秘書業務を実施する場合、時給換算すると高くなります。1500円オーバーは期待することができる場合が少なくありません。場合によっては2000円程度まで貰える場合もあり、状況に応じて変わってきますが、派遣のほうが正規雇用社員よりも時給換算した状況での収入は増えやすいこともあります。派遣ですから不安定という点はありますが、勤務している間はそこそこの収入額が確保できることから、お薦めできます。

優秀と認められるならば契約の継続もあります

派遣という形で秘書を行なう場合には、当然のことながら期限が確定した雇用になります。本来であれば、期限が訪れればそのタイミングで契約の締結は終了となりますが、場合によっては契約延長して貰うことも不可能ではありません。秘書は、理想としましては1人に長期にわたって行ってもらった方が望ましいです。秘書が変わると、雇うサイドとしてもデメリットがあります。従いまして、一定レベル以上のスキルがあると認められたり、充分な成果を残した場合、継続して契約延長をしてもらえる場合もあります。

秘書の派遣では、さまざまな外国語に堪能な秘書も承っております。海外の取引先が集まる会合やパーティなどでの通訳や受付スタッフなどでも対応が可能です。