歯科衛生士は医療関係の国家資格の一種で、歯科医師の指示に沿って歯科治療の補助を行うのが一般的な業務です。歯科医院の運営に不可欠な人員ですが、歯科衛生士は治療そのものは行えないので注意します。また、歯科衛生士はかつて女性だけが取得出来る資格だったため、性別の制限が無くなった現在でも就業者は女性が多数を占めています。その一方で歯科衛生士は離職率が高い傾向があることから、一年を通して一定数の求人が出ているのが現状です。就業の際は業務内容と待遇が釣り合っていることを確認する他、法律を遵守した内容であることを重視することが大切です。歯科衛生士は歯科医師の治療を補助するのが主な業務内容なので、場合によっては気づかずに医療行為を手掛けてしまうことがあります。そのため、歯科衛生士が出来ることと出来ないことを必ず確認して遵守することを心がけます。

歯科衛生士の資格を活かした転職の工夫

歯科衛生士は離職率が高いので常に一定数の求人広告が存在します。同じ業務内容でも雇用する歯科医院によって待遇の差が生じることから、複数の求人広告を比較して慎重に判断することを心がけます。歯科衛生士は歯科医院への就業にほぼ限定される資格なので、転職先も歯科医院になるのが普通です。そのため、前職の経験を活かしやすく、待遇や職場環境の比較も容易に出来る利点がある一方で業務内容が類似していることから単調に感じやすい欠点もあります。転職活動は単に賃金や雇用時間など直接的な待遇面だけではなく、仕事に対するやりがいを維持出来る良好な職場環境も条件に含めるのが長く務めるための条件です。そのため、転職希望先の情報はこまめに集め、慎重に判断する必要があります。

コンビニ歯科と言われるくらい数が増えている歯科医院ですが、その影響で歯科衛生士の求人も増えています。