特別な免許が必要になるドライバー求人

多くの人が普通自動車免許を持っていますが、これは大体が一種免許であって、旅客輸送には使えません。タクシードライバーやハイヤードライバーになるためには、二種免許が必要です。大型トラックで荷物を運ぶ場合には、大型免許も必要になります。大型バスで旅客輸送がしたいなら、大型の二種免許が必要になります。

資格取得を支援してくれる会社も多い

このように、通常の免許だけでは営業ができないので、多くの人はドライバー求人を見かけても応募することはありません。自分には資格がないと考えて、スルーしてしまうのです。ただ、最近は会社側で費用を負担して、必要な免許の取得をさせてくれる場合があります。労働力不足が深刻化してきていて、会社側もそうした努力をしないと人材の確保ができなくなっているからです。ですから、普通一種免許しか持っていなくてもあまり気にすることはありません。まず求人に応募して、採用されてから免許取得をすれば、何も問題がないわけです。

普通一種免許もない状態だと厳しい

会社側が仕事に必要な免許の取得を支援してくれるからと言っても、完全に無資格の状態で応募をすることはできません。普通一種免許もない状態で応募をしても、二種免許に挑戦できるようになるのは三年後になるからです。普通一種免許を取得後、三年の運転経験がなければ、二種免許に挑戦ができない仕組みになっているのです。ですから、完全に無資格の人はいくら免許取得サポートが充実しているからといって、求人に応募することはできないのが普通です。

ドライバーの求人には普通免許で始められるものや、中型や大型、リフトなどの免許が必要なものもあります。