日本とは違う英語の履歴書

外国の企業で働くことは今や一般的で、日本国内で仕事ができる外資系企業も増えていますよね。ただ外国の企業は日本とは考え方が違うので、就職する場合はよく考える必要がありますよ。外資系の企業に就職する場合は、英語の履歴書を用意しなければいけません。特別な英語の能力は必要ではありませんが、書き方が日本とは違うのでよく考えて書くべきでしょう。英語の履歴書を用意する時に気をつけるのは、自分の能力を明確にして説明することです。外国の企業は家族関係などは評価しないので、今までの実績を分かりやすく書くことが大事です。良い形でアピールできる英語の履歴書を用意できれば、新しい仕事も成功しやすいので上手く行きますよ。

英語の履歴書以外でも重要な対策

外資系の企業で働く時は英語の履歴書を用意して、面接に通れば仕事を始めることができますよね。履歴書はある程度パターンがあるので、それに合わせて作れば必要なものを用意できます。英語の履歴書はそれほど難しくないのですが、面接を受ける時は注意しなければいけない点があります。それはこちら側の主張を明確にして、どうアピールするか考えておくことです。日本の企業では控えめに答えることが礼儀になっていますが、海外の企業ではそのような考えは成立しません。強く自分をアピールできない人間は評価されないので、アピールポイントをどうするか決めておくべきでしょう。アピールする時は精神的なものではなく、今までの実績を理論的に説明できれば面接で成功できますよ。

職務経歴書を英語で作成し提出する際、外資系なら尚更ですが経歴は日本と逆に現在からさかのぼって記載していきます。