常勤でも非常勤でも福利厚生は同じ

医師が病院で働いているときには常勤か非常勤かで給与規定には大きな違いがあります。常勤の場合には月給で定められているのに対し、非常勤の場合には実働時間に比例する形で時給制になっているのが基本です。しかし、常勤の場合にも非常勤の場合にも一般的には福利厚生に大きな違いがありません。手当などに関わる部分には差異がありますが、非常勤でも十分な時間の勤務をしていれば有給休暇を取ったり、育児支援などのサービスを利用したりすることができるようになっています。非常勤の方が常勤に比べると勤務時間が短くて済むという点を考慮すると、給与は少なくても福利厚生を十分に受けられて仕事の忙しさも緩和された方が良いと考えることが可能です。その結果として非常勤の求人を探して転職している人も多くなっています。

共働きの家庭でよく選ばれる非常勤

医師が非常勤で働くことを選ぶ典型的な例として知られているのが、共働きの家庭で育児の負担を減らすことを目的として非常勤になるというものです。夫婦のどちらが医師の場合であっても託児施設などを利用することができるので育児が楽になるのは確かでしょう。それに加えて勤務時間も緩和させることができるため、子供の世話をする時間を確保しやすくなるのです。以前は女性がよく選ぶ方法でしたが、男性が育児に関与するケースが増えてきた影響で男性も同じ理由で非常勤になることが多くなってきています。特に女性側が忙しい仕事をしているというときに男性側が医師だとよくあるパターンです。

医師のバイトに興味を持つ傾向が見受けられます。旅行に添乗したり、イベントの医務室で待機したりして、仕事のバラエティが豊富だからです。