マンスリーマンションの特徴と利用の方法

マンスリーマンションは不動産業界では短期賃貸マンションと称される住居の一種で、期間を限定して入居契約を結ぶのが特徴です。マンスリーの名称が示す通り、通常は月単位で入居契約を行います。物件によっては週単位や一日単位で入居出来ることもありますが、家賃や利用日数などの制約が設けられていることもあるので事前の確認が不可欠です。また、マンスリーマンションは短期入居を前提にした物件なので、業務に関係する単身赴任や一時的な仮住まいとして用いられるケースが多数を占めます。そのため、家具や家電製品など生活に必要な物品が一通り揃っているので荷物を持たずに利用することが可能です。自炊や入浴も出来る造りになっているので、自宅にいるのと同じ感覚で利用することが可能になっています。

マンスリーマンションを上手に利用するための工夫

マンスリーマンションは仮住まいとして用いることを前提にした造りなので、住宅とほぼ同等の設備が整っています。そのため、自宅にいるのと同じように生活を営むことが出来ます。また、ホテルなどの宿泊施設を長期間利用するのと比べて支出を低く抑えることが出来るのも利点の一つです。家族世帯や合宿など、大人数での利用でも金銭の負担を軽減させることが可能です。

その一方でマンスリーマンションはアパートなどと同様の集合住宅として扱われているので、利用している部屋の清掃や食事の用意は自分で行う必要があります。家具や家電製品などの設備も家主の所有物なので、破損や紛失などのトラブルを引き起こさないように気を付けるのが入居者に求められる姿勢です。

シンプルなビジネス向けだけではなく、女性向けの可愛いインテリアやデザインのマンスリーマンションもあります